宮城の地酒・日本酒・焼酎の販売|さぶん酒店

 

 
 
おすすめ贈答用ギフト

東条 縦

伯楽星セット

常徳屋麦焼酎セット
 
特集
 
お燗の楽しみ方
 
焼酎の楽しみ方
 
酒を楽しむ会
 
店舗案内・アクセス
 
勝沼醸造アルガブランカ
 
地酒蔵のウィスキー
  
山形まるかじりフルーツ酒

未成年
 
店舗アクセス
 
〒989-4549
宮城県栗原市瀬峰荒町36-1
TEL:0228-38-2034
FAX:0228-38-2035

Mail:
info@sabun-saketen.com

携帯ページ

HOME»  特集»  お燗の仕方

お燗の仕方

お燗の仕方


「美味しい日本酒の温度」は、・・・・・


お燗(さまざまな温度に暖めること)は、日本酒の真骨頂でもあります。まるいふくらみと旨みが現れてきます。ただし徳利が手で持てないほど熱くすると辛くなりすぎる傾向にあります。

室温(常温。そのままの温度で飲むこと)は、銘柄やタイプに関わらずありのままのお酒の香りなどが楽しめます。


冷酒(冷やして飲むこと)では、決め細やかな味わいと心地よい香りが明確になります。お好みの温度で飲み比べるのも楽しみが増します。



飛び切り燗

とびきりかん

55℃以上


香りが強まる。

辛口になる。


熱燗

あつかん

ほぼ50


香りがシャープになる。

切れ味のよい辛口になってくる。


上燗

じょうかん

ほぼ45


香りがきりっと締まる。

味わいは柔らかと引き締まりがある。


ぬる燗

ぬるかん

ほぼ40


香りが最も大きくなる。

膨らみのあるあじわいに。


人肌燗

ひとはだかん

ほぼ35


米や麹のよい香りに。

さらさらとした味わい


日向燗

ひなたかん

ほぼ30


香りが引き立ってくる。

なめらかなあじわいに


室温

しつおん

ほぼ20


いわゆる常温

香りはやわらかく、味わいもソフト


涼冷え

すずひえ

ほぼ15


冷蔵庫から出してしばらくたった
温度
香りは華やかさがある。


花冷え

はなびえ

ほぼ10


冷蔵庫に数時間入れておいた温度。

香りはやや閉じ気味で器の中で香り
の華が開く。


雪冷え

ゆきひえ

ほぼ5


氷水に浸して充分に引き締めた冷た
香りはあまりしない。



いろいろな「お燗」の方法


お燗には、いろいろな方法があるのをご存知ですか。?それぞれ長所と短所がありますのでご自分のライフスタイルや気にいった方法で使い分けしてみてください。





湯煎

お湯の中に徳利を入れる


80℃前後のお湯に徳利えお入れ、お好みの温度で引き上げると最も風味が円やかになる。

ぐらぐらの熱湯(100℃)では辛くなりすぎる。【最適な方法】徳利を80℃から90℃のお湯入れおよそ1分後に引き上げる。



蒸し燗

徳利などを蒸し器にかける



早くお燗ができる。香りも保たれる。また、一定の温度で保温することも可能。ただしやや辛口に感じられるようになる。




電子レンジ

徳利などレンジにかける



非常に手軽だが、酒の入った徳利の首部と底部では、温度差が生じやすい。また、熱くなりすぎないように加熱する温度設定にするよう注意する必要がある。


酒燗器

酒燗器にお酒をセットする


大変便利なお燗器。ガラス管理型、ポット型、ヒーター型などの種類がある。

こまめに手入れして清潔に保つことがポイントです。



直火燗

やかんなどにお酒をいれる



大量のお酒を早くお燗にできる。ただし気よつけないと煮立ってしまうので注意が必要。

また、味わいは、辛口になる傾向にある。